笑顔の歯医者達

目立たない治療

リンゴをかじる

矯正器具が派手で目立つというのは過去の話

矯正歯科の治療というと、派手な矯正器具を装着しなければならないというイメージを持っている人が多くいることでしょう。派手な矯正器具を装着すれば、どうしても目立ってしまいますから好奇の目にさらされることとなります。そのことが嫌で、矯正歯科の治療を受けることをあきらめてしまっている人も多くいるのではないでしょうか。 しかし、現在の矯正歯科では見た目に配慮した治療が行われています。例えば歯と同色になっている、従来よりも目立たない矯正器具が存在しています。透明な矯正器具もあります。また、目立たないのではなく見えない、歯の裏側に装着する矯正器具もあります。 ですから、矯正器具が派手で目立ってしまうというのは、もはや過去の話なのです。現在の矯正歯科の治療は快適なものとなっているのです。

医療費控除を受ければ、治療費の負担は軽減

但し、未だに過去にはならない話もあります。それは、治療費です。矯正歯科の治療費は高額であり、相場では大人の場合、100万円近くしてしまいます。子供でも50万円ぐらいはしてしまいます。 治療費が高額な理由は保険が適用されず、すべて自己負担となる治療だからです。実際には矯正歯科の治療には保険が適用されるケースもありますが、それは、ごく一部のケースのみとなっていますので、一般的には保険適用外の治療となります。 しかし、医療費控除を受ければ治療費の負担は軽減されることとなります。医療費控除とは、1年間で10万円以上の医療費の支払いがあれば、納めた税金の一部が戻ってくるという制度です。但し、医療費控除が受けられないケースもありますので、治療を受ける前に確認した方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加